地域紹介

長岡家庭教会は、新潟県中越地方を活動エリアにしています。地域の偉人、特色をご案内します。

項目

長岡大花火大会

DSC00950-1

毎年、8月2日と3日に行われる長岡大花火大会は、1945年8月1日長岡空襲で亡くなった多くの方の御霊を慰霊する花火として、また2004年中越地震の翌年からは「慰霊と復興」の花火大会として開催されています。長岡花火大会の特徴は、一尺玉10号と呼ばれる大きな花火がたくさん打ち上がることです。また特に有名なのは「復興祈願花火フェニックス」と「三尺玉」です。

日本一のコシヒカリ

DSC01081-1

新潟県といえば「お米」です。中でも中越地方は全国的に有名な魚沼産コシヒカリがあります。コシヒカリもいろいろありますが、新潟県産はひと味違います。

山本五十六(やまもといそろく)

yamamoto

山本五十六は、日米開戦を最後まで反対した人物と言われています。井の中のカワズで日本が世界一だと思っていた当時の軍人の中で、世界情勢と日本の実力を認識していた数少ない軍人でした。日本の進路に関し明晰な意見を持ち、陸軍や右翼の暗殺の脅迫に負けずそれを堂々と表明しました。

第26、27代連合艦隊司令長官を務め、1943年視察で訪れたブーゲンビル島上空で戦死。

長岡市内に、山本五十六記念館、山本五十六公園があり、今でも多くの方が見学に訪れています。

 

小林虎三郎

kobayashi

小林虎三郎は、戊辰戦争後の長岡藩大参事を務めた人物です。
戦争によって長岡は廃墟となりましたが、小林虎三郎の掲げた「教育こそ人材を育て、国やまちの繁栄の基となる」という教育第一の思想が、お見舞いとして贈られた米百俵を学校に替え、そこから山本五十六をはじめ多くの有為な人物を輩出しました。
目先の利益にとらわれることなく、ずっと先を見据えていた小林虎三郎の姿勢が、米百俵を何万倍もの価値にしたのです。
小林虎三郎の考えは、今も長岡に根付いています。まさに、米百俵で長岡の未来を創った人物と言えます。

小泉元首相の所信表明演説でも取り上げられ、全国的に有名になりました。